ワキガとボトックス注射:ワキガ治療web

ワキガとボトックス注射

2009年10月08日

ワキガとボトックス注射について紹介していきたいと思いますが、ワキガの人の治療法ではなくてもともとは多汗症の人の治療方法としてボトックス注射は行われていましたが、ワキガの気になる強いにおいにもとても効果が高いです。

このワキガのボトックス注射は、脇の下にあるアポクリン汗腺を取り除きますから、ワキガを完治することができます。

ではどのような流れでワキガのボトックス注射が行われているのかというと、脇の下にボトックス注射をします。

このボトックス注射は交感神経をブロックするという働きがありますから汗を出すことがストップしていきます。

このワキガのボトックス注射の効果というのは、だいたい1年くらいで効果がなくなるといわれていますから定期的に、ワキガのボトックス注射を受ける必要があるということになります。

だんだん効果が減ってきて、ワキガのにおいが気になりだしたらまた、ワキガのボトックス注射を受けなければならないという面倒なことがありますが、メスを使いませんし、手軽に注射するだけなので、受けたその日からシャワーをすることもできますし、傷あとも残らないのでワキガの軽い症状の人に向いているワキガ治療です。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/147

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。