ワキガや多汗症の直視下敵除手術:ワキガ治療web

ワキガや多汗症の直視下敵除手術

2009年03月09日

ワキガや多汗症の手術には色々な手術がありますが、ワキガや多汗症の手術の直視下敵除法を紹介したいと思います。

このワキガの手術はわきの下の大体3センチくらいの部分をメスで切開します。

そして、わきの下の周りにあるワキガの原因のアポクリン汗腺を目で確認しながらドクターによって切除していく手術の方法です。

ワキガの臭いや汗のものになる汗腺そのものを取り去りますから、ワキガが再発することもなく、ワキガや多汗症の完治が出来る手術の方法です。

このワキガや多汗症の手術は1時間から1時間半程度で終了する手術です。

麻酔には局部麻酔を使って行われます。ワキガの手術を受けているときは麻酔が効いていますから痛みは感じないようです。

ワキガの手術が終わってからは多少は痛みや違和感があるものの、痛み止めの処方もありますし、耐えられないほど苦痛な痛みは無いようです。

このワキガ手術では傷跡にも考慮して出来るだけ残らないように脇のしわに沿って切るよう菜手術なので、ワキガや多汗症の手術を受けたことがわからないようになっているそうです。

ワキガや多汗症の再発することなく完治するにはとても有効な手術の方法です。

少し痛みや違和感は残りますが、傷跡も目立たず、これでワキガが完治るというので人気のあるワキガ手術です。

タグ

2009年03月09日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガ治療情報

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/9

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。