ワキガ術の痛み:ワキガ治療web

ワキガ術の痛み

2009年08月01日

ワキガ手術というのはどれくらい痛みがあって、入院は必要なのかどうかということはこれからワキガ手術をしようと思っている人にとってはとても知りたいことの一つなのではないでしょうか。

ワキガ手術を受けるにあたっては、痛みというのは多少なりとも感じます。

そして入院も必要だといわれています。

ワキガ手術でなぜ入院が必要なのかというと、普段の生活の中の行動にもいろいろと制限をされてしまいますし、入院してワキガ手術を受けなければいけませんでした。

最近のワキガ手術の中には、皮膚の切開を最小限に抑えている方法で行われるワキガ手術もあるのですが、それでもワキガ手術の後に痛みが完全になくなって回復するといえるまでには数日かかってしまいますし入院しなければいけないことになっています。

もしもワキガ手術で入院や痛みを伴わないものを希望している人の場合には、超音波で壊すという方法がいいかもしれません。

これはアポクリン汗腺はすべて完全に取るということはできないのですが、少しくらいにおいが残った方が自然ですし、それでもいいという人の場合には超音波を使った破壊法でワキガ手術をした方が費用も安くなりますし、入院や痛みも軽いといわれています。

2009年08月01日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガ治療情報

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/126

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。