2009年08月の記事一覧:ワキガ治療web

ワキガの体質

2009年08月31日

ワキガになりやすい体質というのは、どのような体質のことを言うのでしょうか。

ワキガになりやすい体質というのを自分で分かっていればワキガを予防することができますし、ワキガに対する対処法も増えるのではないでしょうか。

まず、ワキガになりやすい体質の人というのは、まずストレスがたまってしまう人でストレスを上手に解消することができない人がワキガになりやすい体質といわれています。

そしてワキガになりやすい人というのは、ストレスがたまることで体の中の汗の細胞を刺激して汗が出やすくなります。

ワキガになりやすい体質の人は汗をかきやすいということも言えます。

多汗症の人がワキガになりやすい体質であるともいわれています。

普段から手に汗をかきやすい人というのは、ワキガになりやすい体質だともいわれていますし、普段普通に生活をしているのに、緊張状態に常にあることから汗をかきやすい状態にあるという人はワキガになりやすい体質かもしれません。

あとは、脂っこい食事をしている人や肉中心の食事が好きな人というのもワキガになりやすい体質であるといえますが、この食生活や生活習慣の面でなってしまった体質というのは、何とでもあとから改善可能なので体質改善のための見直し次第でワキガを予防できます。

2009年08月31日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの原因, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの原因

2009年08月29日

ワキガの原因について紹介していきたいと思いますが、ワキガの原因というのは簡単にいえば4つの原因があるといわれています。

ワキガの原因といえば汗が原因であるということはご存知の人も多いと思いますが、アポクリン汗腺とエクリン汗腺がまず一つ目のワキガの原因になっています。

そしてワキガの原因の二つ目は最近が繁殖していることからワキガ特有のにおいを発生していますからアポクリン汗腺によって汗が大量に分泌されて最近によってそれがワキガ特有のにおいへと変化してそれをエクリン感染が広い範囲でにおいを広めているという流れがワキガの原因になっています。

ワキガの原因はほかにも遺伝による原因も一つといわれていますし、他にも生活習慣病がワキガの原因になっているともいわれています。

ワキガの原因となっている生活習慣病というのは、ストレスや食生活の乱れなどがあげられます。

ワキガの原因は大きく分けるとこの4つになっているのですが、この四つの中で自分でも防ぐことができるワキガの原因もありますから、自分で防ぐことができるワキガの原因の場合には食生活や生活習慣を見直して自分で予防していくといいと思いますし、自分では予防できないワキガの原因の場合にはクリニックなどを利用したり対策グッズを利用するのがいいでしょう。

ワキガと石鹸

2009年08月28日

ワキガに効果のある石鹸が販売されているのですが、ご存知でしょうか。

ワキガに効果のある石鹸というのは、ワキガの人が使うとワキガの嫌なにおいを抑えることが出来て消臭効果をもたらしてくれるというものです。

ワキガの原因になっているのはアポクリン汗腺から分泌されている汗と皮脂が混ざったことによって細菌が増殖することでワキガになるといわれていますが、脇の下を常に清潔にしておくことでワキガの症状を抑えることは十分可能です。

ワキガの人は脇を清潔にするためにもこまめにシャワーをするようにしたり、何かワキの下を殺菌するようなスプレーやクリームを使うのが効果的です。

ワキガの人に効果のある石鹸が最近販売されていますがこちらの石鹸は抗菌作用があって脇の下に雑菌が繁殖するのを防いでくれます。

ですからワキガの人は専用の抗菌石鹸を購入するようにしてみるといかがでしょうか。

今インターネットの通販サイトなどでは、たくさんのワキガ用の石鹸が販売されていますから口コミや評判をみながら、ワキガに効果のあるという石鹸を選んでみるといかがでしょうか。

ワキガに効果のある石鹸は、消臭効果や殺菌効果もありますから使い続けることでワキガを予防することができます。

2009年08月28日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガ情報, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと欧米人

2009年08月26日

ワキガは日本人にはもともとは少なかったのですが、最近は日本人でもワキガになってしまう人が増えているといわれています。

日本人ワキガでになる人が多い理由としては欧米化した食生活が一番の原因であるといわれていますが、ワキガが欧米人に多いとは言われていますが、どれくらいの割合でワキガの人が欧米人に入るのでしょうか。

今、欧米人の80パーセントがワキガであるといわれていますから、ほとんどの欧米人がワキガであるといってもいいことになり、ワキガは日本ほど悩みやコンプレックスとして感じられていません。

ワキガを気にしない欧米人とは言っても、汗をかいたらシャワーを浴びたりする風習はありますから日本よりもワキガに対してのエチケットは高いかもしれません。

ワキガが欧米人に多いとはいいますが、欧米人の中でも、実は黒人の場合には100パーセント、つまり全員がワキガであるともいわれています。

日本人はワキガの人はごく10%の人にとどまっているといわれていますから、ワキガになるととても目立ってしまうのですが、こうして考えてみるとワキガが多い欧米人の中にいれば大した悩みにならないのではないでしょうか。

欧米人にワキガが多い原因としてはやはり肉食中心の食生活であることが一番の原因とされています。

2009年08月26日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガ情報, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと性ホルモン

2009年08月24日

ワキガと性ホルモンの関係について紹介していきたいと思いますが、ワキガと性ホルモンというのは関連性が高いといわれています。

なぜワキガと性ホルモンが関連しているのでしょうか。

ワキガの原因になっているといわれているアポクリン汗腺と呼ばれる汗腺がありますが、この腺は、だいたい性ホルモンの働きが活発になるといわれている10代の思春期の時期に特に強くなるともいわれています。

ですからちょうど思春期の頃にワキガになりやすいというのは、性ホルモンの働きが活発になったことで、アポクリン汗腺の働きも活発になったことが原因ではないでしょうか。

他にも、脇の下だけでなく陰部などにも、アポクリン汗腺があることから、生理が始まって性ホルモンの働きが活発になることからやはりワキガになりやすいといわれています。

ワキガになっているかもしれないと自分で実感するのは、だいたい性ホルモンが活発になる思春期であるということが多いようですから、性ホルモンが活発になるという思春期にわきがに気が付き始める人が多いといわれています。

もともとワキガのにおいはフェロモンと同じように、香で異性を引き付ける働きをするためにあったといわれていますからワキガになって性ホルモンが発達するのも理解できますね。

2009年08月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガ情報, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと日本人

2009年08月22日

ワキガの体質というのはそもそも日本人にはない体質であったといわれています。

もともとワキガ体質は欧米人に多く欧米人の80パーセントがワキガで黒人においては全員がワキガであるといってもいいほどだそうです。

それに比べてワキガ体質の日本人というのは全体の10パーセントくらいにしかなりませんから、日本人でワキガになっていると、とても目立ってしまってコンプレックスに感じてしまう人が多いのですが、欧米へ行けば、ワキガの人の方が割合的におおいわけですから、コンプレックスに感じる必要もありません。

ワキガになる日本人は欧米に比べると人数は少ないものの、それでも最近は少しずつワキガになる人の数が増えているという話もあります。

ワキガになる原因は色々とありますが、その一つとして日本人の食生活が欧米化してきたことから欧米人と同じようにワキガになる人が増えているという話です。

ワキガを予防するためにも欧米人のような食生活を見直すことが必要ですが、なかなか今の世の中では難しい問題かもしれませんね。

日本ではまだワキガの数は少ないことから、ワキガになるとコンプレックスに感じたりする人が多いですが、治療をきちんと受ければ原因は解決します。

2009年08月22日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの原因, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの場所

2009年08月16日

ワキガになりやすい場所というのは実は脇の下だけではありません。

そもそも人間から出るにおいのもととなっているのは、汗や老廃物が細菌や雑菌と混ざったことからいやなにおいを引き起こしているのですが、ワキガも脇の下で汗が雑菌と混ざったことでにおいを起こしているといわれています。

ではワキガの場所というのは脇だけでないといっていましたが他にもワキガになりやすい場所というのはどこにあるのでしょうか。

まず、毛が生えている場所というのはにおいが発生しやすいといわれていますが、陰部にも毛が生えていますが、ワキガと同じようにすそわきがという名前で呼ばれています。

ワキガの人は同時にすそわきがに悩んでいるという人も多いようです。

ワキガになる場所というのはアポクリン汗腺があるところを意味していて同じ毛が生えている場所でも腕や頭のにおいはワキガとはいいません。

ワキガの場所ではないのですが、同じアポクリン汗腺が通っている場所として耳の穴の中がありますが、耳の穴の中がにおう人や湿っている耳垢の人はアポクリン汗腺の働きが活発だといわれていますからワキガであるという可能性が高いということが分かっています。

ワキガの場所というのはアポクリン汗腺がある場所といっていいでしょう。

2009年08月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの原因, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガを見分ける

2009年08月14日

ワキガを見分けるポイントについて紹介していきたいと思いますが、日本人というのはもともと清潔に関して過剰に反応する人種といわれていますから、欧米人のようにほとんどの人がワキガであって、それほど気にしていない状況でも、日本人の場合にはワキガを気にしてしまうと言う習性があります。

自分がワキガであるかどうかを知っておくということは大切なことだと思いますから、ワキガを見分ける簡単なポイントを紹介したいと思います。

これはワキガの自己診断のところでも紹介した方法と少し被ることもありますが、まず、家族の中で耳垢が湿っているという人や家族の中にワキガの人がいるという人の場合にはワキガが遺伝して自分もワキガになりやすいと思いますし、自分の耳垢を取ってみて、湿っているという場合にはわきがかもしれません。

ワキガの人というのはアポクリン汗腺がとてもたくさんあって、汗をかいても黄色い汗がでてきて白いTシャツが黄色く黄ばむことがあります。

この場合もワキガであるという可能性がありますから注意した方がいいと思います。

今紹介したことなどが簡単にワキガを見分ける際のポイントになりますから当てはまらない人はワキガではないと思いますね。

2009年08月14日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの原因, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと脇毛の処理

2009年08月12日

ワキガの人の脇毛の処理について紹介したいと思います。

ワキガの原因になっているアポクリン汗腺から汗が出ると、それが雑菌と混ざることで嫌な独特なにおいを発生させてしまうのですが、実は脇毛がこのワキガの雑菌を発生させないことと関係があります。

ワキガの人は脇毛を処理した方がいいでしょう。

脇の下に脇毛があるために、汗を少しかいただけでも、なかなか蒸発せずに蒸れやすい状態になってその状態が雑菌を増やすといってもいいと思います。

ですから脇毛を的確に処置することで少しでも細菌を発生させないようにして、そしてワキガを予防しようというわけです。

では、ワキガの人はどんな脇毛の処理をすればいいのでしょうか。

脇毛の処理方法といっても色々な処理の方法があります。

剃刀を使って処理をする方法もあれば徐毛のクリームを利用する方法もありますし、毛抜きで抜くという方オフもあると思いますが、最近では脇毛を永久的に脱毛するというエステで行われている永久脱毛が人気です。

レーザーを使って永久的に脇毛が生えてこないようにするもので、ワキガの人の脇毛処理にとてもいいと思います。

色々とワキガの人の脇毛処理の方法はあると思いますが、永久脱毛は人気です。

2009年08月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの対策, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの薬物療法

2009年08月10日

ワキガを改善するための薬物療法について紹介したいと思います。

ワキガを改善させたいと思っている人は、根本的な原因である、脇の下を清潔に保つ、雑菌を増やさないことがとても大切なことですが、ワキガの予防には昔からアルコールや消毒液で清潔を保ったりミョウバンを利用してきたといわれています。

しかし最近は色々と市販されているデオドラントスプレーやクリームの中には殺菌効果が配合されているものもたくさん販売されていますからワキガを予防したいと思っている人は薬物療法を行ってみると効果があるかもしれませんね。

最近販売されている汗を抑えるタイプの制汗スプレーというのは、汗そのものを抑えてくれますから、ワキガの嫌なにおいの予防につながると思いますし、殺菌効果があるクリームなどの場合には嫌な殺菌が繁殖しませんから、よりワキガに効果的です。

これらのワキガ対策用のグッズは、残念なことに一時的な効果だけなので、根本的にワキガを治すということはできませんから、毎日継続して続けることがたいせつです。

入浴の際に利用する石鹸にも殺菌消臭効果があるものなども販売されていますから合わせて利用してみるとよりワキガに効果があるかもしれませんね。

2009年08月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと香水

2009年08月08日

ワキガの人は自分のにおいを何とか隠したいと思っていると思いますが、なかなか、ワキガ特有のにおいというのはとれないのが現状です。

ワキガの人は自分のワキガのにおいを隠すために香水をつけたいと思いますが、ワキガの人が香水をつける場合には少々注意点があります。

ワキガではなく、体臭もきつくない人であれば、香水の付け方に特に注意事項はないのですが、ワキガの人というのはその人そのものにワキガのにおいがしていますから、それにさらに香水をつけると変なにおいになってしまう可能性があります。

ですからワキガの人で香水をつけようと思っている人の場合には、できるだけわきを清潔にするようにして、最近が発生しないようにすることと、わきのにおいを先に抑えるということが大切なことです。

脇のにおいを抑えてから、そのうえで香水をつけるというのが一番いい方法です。

ワキガの人が香水をつけたいと思っている場合に選ぶ香水はそれほど、癖のない香りで、さわやかでどちらかというとかんきつ系の香りのする香水を選んだほうがいいと思います。

ワキガのにおいを香水で隠すという考え方ではなくて、まずはワキガのにおいを取り除いてから香水をつけるといいでしょう。

2009年08月08日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガ情報, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと傷跡

2009年08月07日

ワキガと傷痕について紹介していきたいと思いますが、昔のワの手術というのは傷跡が残ることでも知られていました。

ワキガを改善するためにはアポクリン汗腺を取らなければいけなかったのですがその際に皮膚を取り除くために、ワキガ手術で傷跡が残っていたのです。最近は、皮膚をこそぎ取らなくてもよく、皮膚を少しだけきってしかも、脇の下のしわと同化させてしまうことでワキガ手術の傷跡が残りにくい手術も開発されてきました。

ワキガの原因になっているアポクリン汗腺の周りの皮膚を切開するという方法は、少しの範囲で手術を行えば、それほど皮膚に負担をかけることもありませんし、汗腺はしっかりと取ることができますからとてもいい、ワキガ手術といえるのではないでしょうか。

ワキガ手術を受けようと思っている人の中には、ワキガ手術の跡はできれば残したくないというのが本音でしょうから、皮膚を切開しなくてもいいという方法も作られてきて、今のワキガ手術は、傷跡を一切残さない手術が主流になってきました。

わきを上げた時に、ワキガ手術の傷跡が残っているのではワキガ手術をしても、いやな思い出が残りますから、できるだけ傷跡が残らないような手術がいいですよね。

2009年08月07日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ術の痛み

2009年08月01日

ワキガ手術というのはどれくらい痛みがあって、入院は必要なのかどうかということはこれからワキガ手術をしようと思っている人にとってはとても知りたいことの一つなのではないでしょうか。

ワキガ手術を受けるにあたっては、痛みというのは多少なりとも感じます。

そして入院も必要だといわれています。

ワキガ手術でなぜ入院が必要なのかというと、普段の生活の中の行動にもいろいろと制限をされてしまいますし、入院してワキガ手術を受けなければいけませんでした。

最近のワキガ手術の中には、皮膚の切開を最小限に抑えている方法で行われるワキガ手術もあるのですが、それでもワキガ手術の後に痛みが完全になくなって回復するといえるまでには数日かかってしまいますし入院しなければいけないことになっています。

もしもワキガ手術で入院や痛みを伴わないものを希望している人の場合には、超音波で壊すという方法がいいかもしれません。

これはアポクリン汗腺はすべて完全に取るということはできないのですが、少しくらいにおいが残った方が自然ですし、それでもいいという人の場合には超音波を使った破壊法でワキガ手術をした方が費用も安くなりますし、入院や痛みも軽いといわれています。

2009年08月01日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガ治療情報