ワキガ治療:ワキガ治療web

ワキガ治療

2009年12月15日

ワキガが気になって汗をかくのがこわい、外にでると汗をかくので外に出たくない、室内がちょっと暑くなるとわきの下が気なって仕方がない、近くに人がいるとワキガがばれるんじゃないかとびくびくするなどワキガのせいで常に不安をかかえているあなた。
それならワキガ治療手術をしてみてはいかがですか?
ワキガ治療手術には次のようなものがあります。
・ 剪除法(せんじょほう) 剪除法はワキガ手術として広く知られている手術法です。わきのシワに沿って4~5センチ切開し、皮膚の裏側にあるアポクリン腺を目で確認しながら取り除きます。
この手術は直接目で確認しながら一つ一つアポクリン腺を除去するためワキガに効果的です。
しかしドクターの経験や知識によってその効果が変わってくるので、ドクター選びがとても重要になってきます。
・ 超音波法 超音波法はワキガ治療の最先端手術法として知られています。
わきの下を少し切り開き、超音波発生器を挿入し、ワキガの原因物質を分泌するアポクリン腺を超音波の衝撃で破壊します。
手術時間が短く、術後の回復も早いですが、超音波の熱でやけどを起こす場合があるので手術には注意が必要です。
・ 汗腺切除法 わきの下に沿って皮膚を切り開き、皮膚の裏側にある汗腺を取り除く方法です。
この方法は回復に時間がかかり、傷跡が残ったり皮膚の引きつりなどが見られます。
・ 皮下組織削除法 わきのシワに沿って少し切り開き、ワキガに関係のあるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を取り除く方法です。
この方法は傷跡が目立ったり、皮膚が薄くなったりするというデメリットがあります。
・ 吸引法 吸引法はダイエット手術でよく見られる脂肪吸引法を応用したものです。
わきの下に数ミリの穴を開け、そこに細い管を通してワキガに関係しているアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を吸い取ります。
この方法は傷跡が残らず、回復も早いというメリットがありますが、汗腺類の一部が残ってしまうというデメリットもあります。
・ 皮下組織掻爬法 わきの下を少し切り開き、そこからスプーンの形をした器具を挿入し、ワキガに関係する汗腺類をかきだします。
この手術法はあまり皮膚を切り開かないため傷跡が目立たないというメリットがありますが、汗腺類をかきだす時に周りの組織を傷つけてしまうことがあります。
その他の手術法にレーザー法、ボトックス注入法などがあります。
ワキガ治療の手術はさまざまな方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。
手術を受ける時はカウンセリングをしっかりと受け、手術内容を把握してから実施しましょう。
また、手術するドクターの経験や知識もワキガ手術の重要なポイントになるので信頼できるドクターに手術をお願いしましょう。

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/164

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。