ワキガの治療法:ワキガ治療web

ワキガ治療

2009年12月15日

ワキガが気になって汗をかくのがこわい、外にでると汗をかくので外に出たくない、室内がちょっと暑くなるとわきの下が気なって仕方がない、近くに人がいるとワキガがばれるんじゃないかとびくびくするなどワキガのせいで常に不安をかかえているあなた。
それならワキガ治療手術をしてみてはいかがですか?
ワキガ治療手術には次のようなものがあります。
・ 剪除法(せんじょほう) 剪除法はワキガ手術として広く知られている手術法です。わきのシワに沿って4~5センチ切開し、皮膚の裏側にあるアポクリン腺を目で確認しながら取り除きます。
この手術は直接目で確認しながら一つ一つアポクリン腺を除去するためワキガに効果的です。
しかしドクターの経験や知識によってその効果が変わってくるので、ドクター選びがとても重要になってきます。
・ 超音波法 超音波法はワキガ治療の最先端手術法として知られています。
わきの下を少し切り開き、超音波発生器を挿入し、ワキガの原因物質を分泌するアポクリン腺を超音波の衝撃で破壊します。
手術時間が短く、術後の回復も早いですが、超音波の熱でやけどを起こす場合があるので手術には注意が必要です。
・ 汗腺切除法 わきの下に沿って皮膚を切り開き、皮膚の裏側にある汗腺を取り除く方法です。
この方法は回復に時間がかかり、傷跡が残ったり皮膚の引きつりなどが見られます。
・ 皮下組織削除法 わきのシワに沿って少し切り開き、ワキガに関係のあるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を取り除く方法です。
この方法は傷跡が目立ったり、皮膚が薄くなったりするというデメリットがあります。
・ 吸引法 吸引法はダイエット手術でよく見られる脂肪吸引法を応用したものです。
わきの下に数ミリの穴を開け、そこに細い管を通してワキガに関係しているアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を吸い取ります。
この方法は傷跡が残らず、回復も早いというメリットがありますが、汗腺類の一部が残ってしまうというデメリットもあります。
・ 皮下組織掻爬法 わきの下を少し切り開き、そこからスプーンの形をした器具を挿入し、ワキガに関係する汗腺類をかきだします。
この手術法はあまり皮膚を切り開かないため傷跡が目立たないというメリットがありますが、汗腺類をかきだす時に周りの組織を傷つけてしまうことがあります。
その他の手術法にレーザー法、ボトックス注入法などがあります。
ワキガ治療の手術はさまざまな方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。
手術を受ける時はカウンセリングをしっかりと受け、手術内容を把握してから実施しましょう。
また、手術するドクターの経験や知識もワキガ手術の重要なポイントになるので信頼できるドクターに手術をお願いしましょう。

ワキガとは

2009年12月14日

電車に乗っているときに近くの人がわきがで気分が悪くなったことはありませんか? なんか嫌な臭いがするなと思ったら、近くにワキガの人が座っていたということはありませんか? 嫌な臭いを放ち周りの人に不快感を与えるわきが。欧米では日本よりワキガ体質の人が多いといわれています。日本ではワキガ体質の人が少ないため、ワキガの人は受け入れられずに嫌な顔をされることが多いようです。 ワキガとは腋臭症(えきしゅうしょう)ともいわれます。誰でもわきの下から汗が出ます。この汗が細菌により分解されることで臭いを発することになります。この臭いが強く発される場合ワキガと言われます。 ここで少し汗腺についてご説明いたします。 人の汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺があります。体中に分布しているエクリン腺からは運動をしたり病気をしたりしたときなどに上がった体温を下げるための汗がでます。エクリン腺の成分のほとんどは水分です。アポクリン腺はわきの下、乳首、陰部、肛門、耳の中や後ろなどに分布しており、ワキガと深い関係があります。アポクリン腺から出される汗には脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、アンモニアなどさまざまな成分が含まれています。このようにアポクリン腺から出される汗にはさまざまな成分が含まれており、これが細菌によって分解されることでワキガの原因となる独特の臭いを発生します。アポクリン腺はワキガの人にだけ存在する汗腺ではありません。アポクリン腺は生まれた時から誰もが持っている汗腺です。ワキガ体質の人はアポクリン腺がワキガでない人と比べると汗腺量が多かったり、活発に働いたりしています。アポクリン腺は思春期ごろから発達するといわれています。 ワキガの原因となるアポクリン腺の数や大きさは遺伝すると言われています。ワキガ体質は遺伝しやすく、両親がワキガの場合かなりの確率でワキガが遺伝するようです。片親がワキガの場合も両親の場合ほどではありませんがワキガが遺伝する可能性があるそうです。 ワキガは遺伝が原因で起きるものばかりではありません。その他、多汗症、食生活、ストレスなどさまざまなことがワキガの原因となります。 ワキガで悩んでいる人の中には実は他人は臭いを感じていないのに、自分でワキガだと思いこんでいる自己臭症の人もいます。ワキガで悩んでいるのなら1人で悩まず、一度病院やクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

ワキガ治療のカウンセリング

2009年11月29日

ワキガは命に関わる病気ではありませんが、ワキガになっている人にとっては深刻な悩みです。

ワキガのせいで満員電車が怖くなったり、観覧車などの密閉された空間が怖かったり、汗をかくのが怖かったり、人に近づくのが怖くなる人が多く見られます。

ワキガは日常の中において不安や恐怖をもたらし、ストレスの原因となります。

ワキガで悩んでいても人に相談できずに1人で抱えている人が多くいます。

ワキガに悩んでいるのならまずはクリニックに行ってカウンセリングを受けてみてはいかがですか?

カウンセリングでは次のようなことを質問されます。

・ ストレスを強く感じていますか? ・ お酒を飲みますか?
・ タバコを吸いますか? ・ 肉類や脂っこいものが好きですか?
・ 人からにおいを指摘されたことがありますか?
・ 自分で自分がにおうと思うことがありますか?
・ わきの下に汗をたくさんかきますか?
・ 耳の中は湿っていますか?
・ 下着が黄ばんだり服のわきの部分が黄ばむことはありますか?
・ 家族にワキガや多汗症の人がいますか?
・ 毛深いですか?
・ 脂性で顔やおでこがテカテカしますか?
・ 靴や靴下はにおいますか?
食生活や家族のワキガ状況、汗の量や黄ばみなどはワキガに深く関わっています。

カウンセリング時はドクターがこれらの質問をして患者さんのワキガの状況を確認していきます。

そしてどんなワキガ治療が必要か、またワキガ手術は必要かなど話し合っていきます。

カウンセリング時に手術をすすめられたからといってすぐに手術をしなければいけないわけではありません。

納得していないのにドクターに勧められたからといって慌てて手術を受けたりしないようにしましょう。

ドクターというだけですっかり信頼してしまう人もいますが、それは危険です。

特にカウンセリングをしっかりせずにすぐに手術をすすめるドクターには気をつけましょう。

カウンセリングを受けていて何かひっかかることや、不信に感じることがある場合は慌てて手術をせずに、他のクリニックで再度カウンセリングを受けることをおすすめします。

また、カウンセリング時にわからないことや知りたいことがある場合はためらわずに質問し、疑問に思うことをクリアにしましょう。

その他、治療や手術内容、手術のメリットやデメリットなど詳しく話しを聞くようにしましょう。

また治療費や手術費、その他アフターケアの内容や費用などもしっかりと確認しましょう。

後で法外な金額を請求する悪質なクリニックがあります。

治療・手術費、アフターケアの費用、その他かかる費用についてあらかじめ確認しておきましょう。

ワキガのクイック法

2009年10月17日

ワキガのクイック法についてですが、わきがのクイック法というのはそれほど強くないワキガの症状の人に効果のある方法です。

ワキガのクイック法というのはどんな手術なのか紹介していきたいと思います。

ワキガのクイック法ではわきの下の部分にし伊佐な穴をあけて、とても細いカニューレを使ってワキガのにおいのもとになっているアポクリン汗腺を吸引するというものです。

メスを使わないで行うワキガの手術なので、ワキガ手術でメスを使うことに抵抗があるという人も安心して受けることができる手術の一つです。

メスを使ったワキガ手術に抵抗を感じていた人はワキガの治療にクイック法を利用するといいと思います。

ワキガのクイック法は、ほとんど痛みも感じませんし、数ミリの穴ですから傷痕も残りません。

ワキガのクイック法では手術をしてからだいたい1週間はわきを固定することになって、腕を肩より上にあげるということができません。

そして2週間は運動をしてはいけないことになっていますからワキガのクイック法を受ける際にはいろいろと日常生活に制限されることが多いと思いますからワキガのクイック法を受ける際にクリニックの医師にきちんと説明をしてもらってから受けるようにするといいでしょう。

2009年10月17日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガのコンビネーション法

2009年10月16日

ワキガのコンビネーション法についてご紹介したいと思います。

ワキガのコンビネーション法は、ワキガであることを人から指摘されてしまったり、自分でもにおいがわかるくらいのワキガの症状の人に向いているわきが治療法です。

ワキガのにおいが特に強いという人にはぴったりのワキガの手術法です。

ワキガの手術にはクイック法と呼ばれるものがありますが、その方法にせんじょ法もプラスされた方法がワキガのコンビネーション法です。

このワキガのコンビネーション法では明らかに術前よりも汗が減るというメリットもありますからワキガと同時に多汗症の人にも向いている治療法です。

ワキガのコンビネーション法の流れについてですが、ワキガのコンビネーション法は、ワキガの症状が軽い人に行うクイック法と、ワキガの症状が強い人に行うせんじょ法を組み合わせて行うことになっています。

まずは細いカニューレを使って、アポクリン線を吸いだしてから、メスで汗腺を取っていきます。

このWのワキガ治療を行うことによって確実にワキガ治療をすることになります。

ワキガのコンビネーション法を受けた後は腕はなるべく動かさないようにしければいけませんからスポーツは避ける必要があります。

2009年10月16日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガのせんじょ法

2009年10月11日

ワキガのせん徐法について紹介していきたいと思います。

ワキガ治療といえばワキガのせん徐法が一番一般的に知られていたのですが、このワキガのせん徐法というのは、特ににおいが強いという人に向いているワキガ手術の方法です。

脇の下にある、ワキガの原因になっているアポクリン汗腺が完全になくなりますからワキガを完全に治療することができます。

ワキガのせん徐法というのはどのような手術なのかというと、脇の下の皮膚をだいたい3センチくらい切開することでワキガのにおいの原因になっているアポクリン汗腺が完全になくなってしまいます。

ワキガのクイック法と比べてみるとワキガ手術の後のケアが色々と必要になりますが、術後はワキガであったことを忘れてしまうほどワキガとは無縁の生活を送ることができるようになりますから根本からの完治が可能です。

ワキガのせん徐法を受けている最中は局部麻酔を使って手術をしますから痛みは簡易ませんし、傷痕は、脇の下にあるシワと一緒になってしまいますから目立たない特徴があります。

脇毛が今まで気になっていたという人も脇毛の毛根もいっしょになくなってしまいますから脱毛効果も期待できますが、脱毛効果の方は個人差があります。

2009年10月11日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの薬物療法

2009年08月10日

ワキガを改善するための薬物療法について紹介したいと思います。

ワキガを改善させたいと思っている人は、根本的な原因である、脇の下を清潔に保つ、雑菌を増やさないことがとても大切なことですが、ワキガの予防には昔からアルコールや消毒液で清潔を保ったりミョウバンを利用してきたといわれています。

しかし最近は色々と市販されているデオドラントスプレーやクリームの中には殺菌効果が配合されているものもたくさん販売されていますからワキガを予防したいと思っている人は薬物療法を行ってみると効果があるかもしれませんね。

最近販売されている汗を抑えるタイプの制汗スプレーというのは、汗そのものを抑えてくれますから、ワキガの嫌なにおいの予防につながると思いますし、殺菌効果があるクリームなどの場合には嫌な殺菌が繁殖しませんから、よりワキガに効果的です。

これらのワキガ対策用のグッズは、残念なことに一時的な効果だけなので、根本的にワキガを治すということはできませんから、毎日継続して続けることがたいせつです。

入浴の際に利用する石鹸にも殺菌消臭効果があるものなども販売されていますから合わせて利用してみるとよりワキガに効果があるかもしれませんね。

2009年08月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの超音波治療

2009年07月28日

ワキガの超音波治療について紹介していきたいと思いますが、ワキガを超音波で治療するという方法が今とても注目されているワキガ手術ですね。

ワキガの超音波治療というのはワキガだけにかかわらず、尿路結石を破壊するときなどにも超音波を使って医療行為が行われています。

最初に超音波でワキガ治療をしようと思った人は、コラーゲンを脂肪から取る方法を色々と悩んでいる時にこの超音波のワキガ治療を思いついたといわれています。

ワキガを超音波で破壊して改善するお方法というのは、脇の下に小さな穴を開けるだけで手軽にワキガ治療ができるということもあって、従来の切開していた外科手術のワキガ手術に比べるととても手軽で傷も残りませんし、痛みも少ないことから今とても人気があります。

超音波によるワキガ手術はアポクリン汗腺だけを破壊するという方法なので、周りの組織などには一切触れませんからワキガ手術を行った後もすぐに回復しますし、仕事にも行けるので日常生活を何らかえることなく、手軽にワキガ手術を行うことができるようになったとあって、今までワキガに悩んでいた人にとても人気のワキガ治療です。超音波治療なら入院もいりませんから手軽です。

2009年07月28日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガと多汗症の改善

2009年07月19日

ワキガの人というのは多汗症であるということもいわれていますが、ワキガと多汗症は同時に改善することが十分に可能です。

ワキガの手術はアポクリン汗腺をとってしまうという方法で行われますが、このアポクリン汗腺というのは少し粘り気のある汗でそんなに量的には多くないといわれていますから、ワキガ手術でアポクリン汗腺だけを取り除いたとしてもそれほど多汗症の改善にはつながったとは言えないと思います。

では多汗症も改善するワキガ手術というのはどんな手術でしょうか。

ワキガ手術でアポクリン汗腺を取り除くことでネバネバした嫌なにおいを出す汗がでなくなりますし、さらにエクリン汗腺も取り除くことで、汗が広がるのを抑えてくれます。

多汗症というのは、汗のシミがついてしまったり、においも気になりますが、ワキガの手術をしていれば、汗のにおいについての悩みは解消されます。

脇が手術の中にわきの周りの皮膚を切開して取り除くという方法があるのですがこの方法ならアポクリン汗腺もエクリン汗腺もどちらも取り除くことができるのでワキガ手術で多汗症も改善できます。

また超音波治療でもワキガ手術のアポクリン汗腺の破壊とエクリン汗腺の破壊を行っているところがありますから相談してみるといいかもしれませんね。

2009年07月19日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガのインフォレーゼ法

2009年07月13日

ワキガの治療法に、インフォレーゼ法という方法がありますが、こちらはエステで行われているワキガの治療方法の一つです。

ワキガのインフォレーゼ法では、永久脱毛よりもワキガを改善させることをポイントにしているワキガ治療法で、ホルマリンの電極性をつかって、ホルマリン漬けになっているガーゼを脇に当てながら電流を流すことでアポクリン汗腺の口を閉じてしまって、ワキガの特有のにおいを抑えるというものです。

ワキガのインフォレーゼ法と呼ばれるエステで手軽に受けられるワキガの治療法は、あまりワキガの根本的な治療んは効果がありません。

アポクリン汗腺を完全に閉じたわけではありませんから、わきがの一時的な治療法にはなりますが、ワキガの完全な治療法にはなりません。

ですから、ワキガのインフォレーゼ法をエステで受けた際には、再発するのは当たり前で、だいたいワキガのにおいが消える期間というのは長くて2-3週間くらいであるといわれていて、ひとによってはそれより早くワキガが再発するということもあるといわれています。

軽いワキガの治療にはインフォレーゼ法がいいかもしれませんが重度のワキガの治療にはあまり向いていない方法だといえるかもしれません。

2009年07月13日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療と電気

2009年07月10日

ワキガ治療で電気を使った治療法を二つ紹介したいと思いますが、どちらもエステで行われている脱毛の方法なのですが、これがワキガ治療につながるといわれています。

まず一つ目のワキガ治療で電気を使ったものとしては、電気凝固法といわれるものなのですが、脇毛の毛根の少し離れた場所に針を刺して電流を流すことで毛根が固まって毛が抜けます。

これはアポクリン汗腺もいっしょに破壊されますからある程度のワキガ治療にはなるといわれています。

ですが完全にアポクリン汗腺が破壊されたというわけではありませんから、再発してしまいます。

そして電気分解法というワキガ治療の方法もあります。

こちらもエステで行われているのですが、毛穴にハリを刺して電流を流すところまでは電気凝固法と同じで、その後毛根組織をアポクリン汗腺が出てくるところと一緒に破壊しますからワキガ治療になります。

もともとエステの脱毛方法として利用されているものですが、ワキガ治療にも効果があるとされています。

しかしどちらの方法においても、完全にワキガが完治するのではなくて一時的なものということは覚えておいた方がいいと思います。

エステで行われるこれらのワキガ治療には麻酔は使えないことになっているので痛みがあります。

2009年07月10日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療とカウンセリング

2009年07月08日

ワキガ治療を受ける際にはカウンセリングを受けることが大切です。

ワキガ治療のカウンセリングではどのようなことを話すのかというと、一般的にはクリニックの医師に、ワキガについての相談を行ったり、今後のワキガ治療の方針などについて質問やわからないことを聞くというのがワキガ治療のカウンセリングです。

ワキガ治療を行う際には必ずカウンセリングが行われますし、それと同時に本当にワキガなのか、多汗症なのかという確認も行われます。

ワキガというのは、自分が思っているよりはそれほど神経質にならなくてもいいということもよくあることですから、ワキガ治療のカウンセリングを受けることで本当にワキガ治療が必要なのかということについても話し合っていきます。

医師はワキガ治療を第三者の目から見てにおいや汗の成分などを調べつつ、カウンセリングにおいて、ワキガ治療が本当に必要なのかどうか、どのようなワキガ治療が必要なのかどうかということを考えてくれます。

ワキガ治療のカウンセリングを事前にしっかりと受けておくことで手術後のトラブルも軽減されますし、何かワキガ手術で不安なことがあれば、カウンセリングの際に聞いておくことがとても大切なことです。

2009年07月08日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療と年齢

2009年06月18日

ワキガ治療をこれから受けようと思っている人の中には年齢的に受けられるのかどうか心配な人もいるかもしれませんが、今のワキガ治療なら特にワキガ治療の年齢制限というのはありませんから誰でも手軽にワキガ治療を受けられるということになります。

ワキガ治療を受けようと思っている人は、できれば思春期以降に受けるのが望ましいとされています。

なぜならアポクリン汗腺が活発になってきて、ワキガが気になりだすのは思春期以降だといわれています。

ですから思春期以降からワキガの治療を受けるのがいいといわれていますが、最近は食生活の変化から、小学校の高学年くらいからワキガや体臭に悩む子供も増えてきましたから、コンプレックスになって小さい頃から悩んでしまうのであれば、思春期前でも早めにワキガ治療を受けるということは十分に可能ですし、いじめにあうくらいなら早めにワキガ治療を受けた方がいいかもしれませんね。

ワキガ治療は誰でも年齢的に受けることができますが、一番望ましい時期としては思春期以降ということになっていますが、これはあくまでも個人差があり、においが気になりだして、ワキガの症状が出てきだしたら、小学生でもワキガ手術を受けることはできます。

2009年06月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療後の変化

2009年06月13日

ワキガ治療を受けた後に大きく変わったという人はたくさんいます。

具体的には何がワキガ治療後に大きく変わったのでしょうか。

もちろん、ワキガの症状がなくなったというのは当たり前のことだと思いますが、そのほかにもワキガ治療後には精神的な変化があったという人が結構いますね。

たとえばワキガ治療前には、自分に自信を持てなかったとか、孤立感を感じていたとか、消極的で友達に避けられていると感じたり、友達がなかなかできなかったという人も、ワキガ治療をした後には、においがなくなったことから精神的に開放感を感じられるようになったという人や、孤立感を感じなくなったという人、何事においても積極的に考えられるようになった人など、いろいろな変化がワキガ手術後には感じることができます。

たったわきの匂いが消えただけでこんなにも精神的に軽くなって明るくなれるものかと本人も驚くくらいワキガ治療をした後の気持ちの変化というのは大きいようですね。

ワキガ治療を悩んでいる人は、ぜひ受けてみるといいですね。

ワキガから解放されて精神的にもポジティブに考えられるようになるというのはとても素晴らしいことですし、メスも使わず手軽にワキガ治療をして開放感が感じられるというのはいいですね。

2009年06月13日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ情報, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの無料カウンセリング

2009年05月24日

ワキガの無料カウンセリングについてですが、ワキガ治療を受ける、受けないにかかわらず、ワキガに悩んでいるという人は一度ワキガの無料カウンセリングに足を運んでみるといいかもしれませんね。

いろいろなクリニックや美容外科がありますが、ワキガの無料カウンセリングへ行くことによって自分のワキガの状態がどのような感じなのかよくわかりますし、どうすればワキガを解消することができるのかアドバイスをもらうこともできると思います。

一人で悩んでいてもワキガは解消できませんから、ワキガ治療を行っているところで無料のカウンセリングを受けることがお勧めです。

電話をかけて予約をするというところもありますが、最近はワキガの無料カウンセリングの予約がインターネットでできるようになったということもありますからワキガの無料カウンセリングの予約をインターネットで行って手軽に足を運ぶのがいいのではないでしょうか。

そこで話を聞いてみてアドバイスを受けてみてワキガ治療をしたいと思ったら、そのままワキガ治療をすればいいと思いますし、心配するほどワキガの症状が重くなくて軽かったという場合には、ワキガ治療の必要はないかもしれませんね。

2009年05月24日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの対策, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの超音波治療

2009年05月09日

ワキガの超音波治療についてですが、ワキガ治療の超音波治療は入院をしたくな人や軽いワキガの人、痛みを伴わないワキガ手術を望んでいる人にぴったりのワキガ治療です。

ワキガの超音波治療を行う場合には、アポクリン汗腺を超音波を使って破壊するという方法で行われますから切開をしたり、注射をしたりすることなく、ワキガの治療を行うことが可能です。

超音波を使ってアポクリン汗腺を破壊すれば、他の組織や皮膚などは一切傷つけることなくアポクリン汗腺だけ取り除くことができますからワキガ治療がとても楽になったといってもいいと思います。

ワキガ治療の超音波を使った治療の場合には切開をしているわけでも穴をあけているわけでも、注射をしているわけでもありませんから、ワキガ手術の後の回復もとても早いですし、負担もかかりませんから、ワキガ治療の超音波を受けてからそのまますぐに日常生活を多くることができますから仕事へ行ったり、自宅に帰ることも十分に可能です。

ワキガ治療をしたいけど入院もできないし、切開したり穴を開けるのが苦手だという人の場合には、ワキガ治療の超音波治療がとても効果的ですし簡単で手軽にできるのではないでしょうか。

2009年05月09日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの病院を選ぶ

2009年04月30日

ワキガの治療を受ける際には病院選びが重要になってきます。

ワキガの治療を行っている病院は色々とありますが、どの病院がいいのでしょうか。

ただ単にお金もうけ主義のような病院でわきが手術を受けるのは不安ですよね。

小さなクリニックは親身になって考えてくれてわきが治療も丁寧に行ってくれると思われがちですが、テクニックや経験の面からみるとそれほど良くないといった場合もあります。

大病院だから安心してワキガ治療を受けられるというものでもなく、大病院だからいい加減に流れ作業的なわきが治療になってしまうという話も聞いたことがあります。

ではどうやってワキガ治療の病院選びをすればいいのでしょうか。

ワキガ治療の病院選びというのは、なかなか難しく、ワキガ治療が成功するかどうかというのは、病院選びから始まっているといっても過言ではありません。

しっかりと自分でクリニックや病院を選ばなければワキガ治療に失敗してしまう可能性もあると思います。

ワキガ治療の病院を選ぶ際は口コミや周囲の評判、医師の経験やテクニックなども合わせてみながらワキガ治療をどこで受けるのか考えましょう。

下見に行ってクリニックや病院の雰囲気を見ることも大切です。

2009年04月30日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療の事前カウンセリング

2009年04月29日

ワキガ治療の事前カウンセリングはとても重要なことです。

医師と直接話す機会でもある事前カウンセリングでは自分のワキガの悩みについて色々と相談することから始めましょう。

この事前カウンセリングを受けてからワキガ治療を受けるかどうかを考えてもいいので、場合によってはもしも医師のカウンセリングの方法が気に入らないとか、あまりいい雰囲気ではなかった、不安を感じてしまったという場合には、そのクリニックや病院で受けなくてもいいと思います。

ワキガ治療の事前カウンセリングではいい病院だったら、ワキガの症状や不安、質問などを丁寧に答えてくれると思いますが、流れ作業的で上から目線の医師も中にはいますから十分に注意するといいかもしれませんね。

ワキガ治療を受ける病院を選ぶ際の一つの基準としてカウンセリングを受けてから考えてみるというのがいいかもしれませんね。

場合によってはカウンセリングの段階であまりいいクリニックだとは自分が思えなかったり、雰囲気が合わないといった理由でそのクリニックで受けるのをやめるということを決めてもいいと思います。

医師は患者の立場に立ってしっかりとカウンセリングをしてくれるか考えたうえでワキガ治療を受けましょう。

2009年04月29日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療の医師

2009年04月28日

ワキガ治療の医師選びについてですが、ワキガ治療を受ける際にはクリニック選び、医師選びがとても大切なことになってきます。

医師といっても色々な医師がいると思いますが、ワキガ治療に関しては、難易度の高い治療や間違えると大変なことになる治療も出てきますから、テクニックを持っている、経験の豊富な医師のもとでワキガ治療を受けたいですよね。

ワキガ治療を受ける際には、カウンセリングの時に医師の雰囲気や人柄を見るという方法もあります。

もちろんカウンセリングを受けるまでに、医師の経験やいままの実績などは情報収集しておくといいのですが、実際に会ってみて、ワキガ手術についていろいろと相談をしてみて、きちんと親身になって対応してくれているかどうか、専門用語ばかりを使うような医師ではないかどうかなども、細かくチェックしながら、ワキガ治療をこの医師にお願いするかどうかを考えた方がいいですね。

まだワキガ治療を受けるか迷っている段階で、手術をやたらと進めてくるような医師は少し気をつけた方がいいかもしれません。

流れ作業的にマニュアル通りにワキガ治療を進めてくるような医師はあまり親身になって考えてくれているとはいえませんから要注意です。

2009年04月28日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガは病気か

2009年04月15日

ワキガを病気だと思っている人がいるのですが、ワキガというのは病気ではありません。

ワキガというのはここでも何度も紹介していますが体質の中の一つです。

人それぞれ生まれつきの体質というのはあると思います。

風邪をひきやすい体質や花粉症の体質と同じように、ワキガも体質なので生れつきに持って生まれたものです。

ですからワキガは病気ではありませんし、体質なのでワキガのことを病気だと思っている人は考え方を少し改めるといいかもしれませんね。

ワキガは正式には、臭汗症という名前が付けられていますが、これは花粉症と同じような体質の一種です。

ワキガは病気ではないので、完全に治すことはできないのかと落胆してしまう人もいるかもしれませんが、ワキガは体質です。

体質は治療をすれば体質改善は十分に可能です。

花粉症も治療をして完治している人がいるように、ワキガも体質改善をすれば十分に感知が可能なのです。

外科的手術をすれば、ワキガを完全に完治させることもできますし、食生活や生活習慣によって、ワキガの改善も十分に可能です。

ワキガは病気ではありませんから食生活や生活習慣を見直すことで、自分でも十分に改善や予防をすることができる体質の一つなのです。

2009年04月15日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの原因, カテゴリー:ワキガの対策, カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ治療は専門病院で

2009年04月07日

ワキガの治療をしようと考えている人は、ワキガの治療を専門に行っている病院へ行くのがいいと思います。

ワキガの治療や手術は保険の範囲内でやってもらえます。

しかし中には、ワキガの治療には保険が適応外になっている手術を行っている病院もありますので確認してから治療を受けるようにしましょう。

例えば美容整形外科などで行われているワキガ治療で超音波を使ったものがありますが、この超音波でのワキガ治療は保険が適応外になることが多いようです。

ワキガはフェロモンが悪いように変化したといわれています。

体質によってワキガになるので、恥ずかしがらずに病院でワキガの治療をすればいいと思います。

わきの下に汗をかいたときには、そのままにしておくとに気になる臭いが発生してしまいますから清潔にしてワキガにならないように常に清潔にしておくことが大切です。

汗をそのままほうっておくと、悪臭がでてワキガが悪化してしまいます。

ワキガは不潔だからなってしまうというのではなくて、体質によってワキガになるといわれています。

ワキガは自分で予防をするというのはなかなか大変です。

ワキガの治療法や予防法、改善の方法を専門のワキガのクリニックで相談してみるといいと思います。

ワキガに悩む人は多いと思いますが、あまりにも悩みすぎると、ワキガの症状が悪化して悪循環になってしまいます。

緊張したりストレスをためるとわきがにとってよくありませんから早めに専門の病院に相談しましょう。

2009年04月07日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの治し方

2009年04月07日

ワキガの治し方を紹介したいと思います。

ワキガの治し方の前にまずワキガの仕組みですが、ワキガはアポクリン汗腺に細菌が増殖してしまうことによって細菌が汗を分解してしまいワキガの臭いの元になっている悪臭を発生させます。

ワキガは年齢的に考えると、思春期の頃がワキガになりやすいといわれていて、思春期の頃だけ一過性のワキガにかかってしまうという場合があるといわれています。

ワキガにも症状が色々あると思いますが、軽いワキガの症状の場合には、市販されているワキガの外用薬を脇に塗って治療する方法もありますが、ワキガの症状が重い人は、外用薬だけでなく、ワキガの内服薬も飲んで治療することもあります。

ワキガの体質によってはアポクリン汗が多く分泌されるので、思春期だけワキガの症状があらわれるのではなくて、大人になってもワキガの症状が治まらない人もいます。

そういった場合には、ワキガの手術をすることになります。

ワキガの治療には、脇の部分に電気を当ててその部分の汗腺を刺激して治療します。

これによって汗の分泌が少なくなりますからワキガが改善されるのです。

副作用がなくて早くワキガを治療したいと思っている人は、イオントフォーレシスとよばれる脇が治療をするといいかもしれません。

2009年04月07日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの超音波治療

2009年04月06日

ワキガの超音波治療について紹介したいと思います。

ワキガは脇の部分からくさい臭いが発生するのが特徴ですが、これは汗腺の一つであるアポクリン腺から汗が出ているといわれています。

運動をしたときの汗とは成分もにおいも違う少し粘り気のある汗です。

ワキガの原因になっているアポクリン汗ははじめは無臭だったのですが皮脂などが混ざって雑菌が分解してワキガ特有の臭いが発生します。

このワキガには超音波治療が効果があるのです。

超音波治療というのは、ワキガの場合は、制汗剤を使って行われます。

これは雑菌の作用がありますからワキガの臭いの元を抑える働きがあります。

ワキガの症状にもよりますが、ワキガの症状が重症ではない軽いわきがの人はこの薬物超音波治療でも十分にワキガを改善することが出来ます。

そしてそれと同時に脇毛の処理をすることで、脇の汗が脇毛がないことで、たまらなくなりますからそれだけワキガの症状が軽くなるのです。

ワキガの治療で超音波治療をする場合には、入院をして行います。

そしてシャワーも3日くらいしてからになりますし、患部を安静にしておく必要があります。

またワキガの治療で超音波治療をした場合には、テープなどで保護しなければいけないそうです。

2009年04月06日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガのクリニック選び

2009年04月01日

ワキガの手術や治療を行うクリニックを選ぼうと持っている人も多いと思いますが、ワキガの治療や手術を行うクリニックを選ぶポイントは色々ありますので少し紹介したいと思います。

まず、ワキガの手術や治療を行っているクリニックが日本美容外科学界の専門医であることが第一ポイントです。

そして、その医師が美容外科クリニックを開業してからどれくらいの期間がたっているのか、医師として何年なのかも大切ですし、医師の年齢やワキガの手術の経験なども確認しておいたほうがいいでしょう。

ワキガの手術歴が浅かったり、年齢が明らかに、若かったり、老けすぎている場合には注意が必要です。

そしてワキガの治療を行っているクリニックも、認定医療機関であることを確認しておきます。

ワキガ以外の手術も行っているか、ワキガの症例件数も確認しておいたほうがいいと思います。

ワキガの手術の内容や進み具合も必ずチェックしておきます。

ワキガ治療や手術を行っているクリニックを選ぶときには、クリニックの体制も大切です。

上手なワキガ治療の先生がいても、クリニックの体制がきちんと整っていなければ意味がないのです。

ワキガの手術前のカウンセリングについても必ずチェックしてから選ぶようにしましょう。

2009年04月01日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ手術が出来ない場合

2009年03月15日

ワキガの手術というのは誰でも受けられるということではありません。

ワキガ
手術は、今かかっている病気や、体の体質によってはワキガの手術をすることが出来ない場合もあるそうです。

血友病の人がワキガの手術を行う場合には、外科手術をするわけですが、ワキガ手術自体がとても大変な手術になるといわれています。

また、高血圧の人や心臓に何か病気を抱えている人というのも、ワキガの手術をすることが出来ない人もいるそうです。

他にも、ワキガの手術を受けることが出来ない人というのは、糖尿病の治療をしている人も余りおすすめできないそうですから、ワキガの手術を受ける場合には、まず自分が今患っている病気がないかどうかからカウンセリングで聞かれると思いますし、聞かれなくても自己申告しましょう。

治療や飲んでいる薬によってはワキガ手術が出来ないこともよくあるようです。

2009年03月15日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガ手術以外の治療法

2009年03月12日

ワキガは、症状によって重度のワキガや軽度のワキガがあるといわれています。

症状によってはワキガの治療法がワキガ手術だけというわけではないといわれています。

ワキガの治療方法はそのワキガの症状によって個人差がありますし、本人がどれくらいワキガを改善したいと思っているかどうかでもワキガの治療法は違っていると思います。

ワキガの人が全て手術でのワキガの治療を望んでいるとは限りません。

ワキガの治療方法としては、根本的に治療しなくても、小まめにシャワーを浴びて清潔にしたり、脇をふいたり、デオドラントスプレーや、ワキガクリームなどを使ってワキガ特有の臭いを抑えることが可能です。

これらの方法は小まめに清潔を保たないといけませんから少し大変ですが、ワキガの手術が抵抗があるという人はワキガの対策になって今の状態よりもワキガを改善させることになると思います。

ワキガの症状によっては市販のデオドラントスプレーが逆効果でつけすぎて大変なことになることもありますから自分にあったものを選ぶようにして、ワキガの改善につなげるといいと思います。

ワキガの改善にはこれらが手術をしなくてもいい方法ではありますが他にもワキガの手術以外でワキガのボトックス注射という治療法もあります。

2009年03月12日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガの皮下組織吸引法

2009年03月08日

ワキガの治療方法には色々な種類がありますが、その中の皮下組織吸引法というワキガの治療があります。

これは太ももやおなかにある脂肪を吸収してダイエットをする脂肪吸引という治療方法がありますが、それと同じように、ワキガにもこの吸引が効果があるといわれています。

わきの下の皮膚に穴を開けて細い管を通して汗をその穴から吸うことでワキガに効果があります。

この方法でワキガの手術を行えばワキガの手術のあとが残りませんし、回復もメスをつかったワキガの手術よりも早く副作用などもなくて安心してワキガの治療を受けることが出来ます。

ワキガの治療だけでなく多汗症の治療にも、この皮下組織吸引法が使われているのですが、完治するところまでは行かないのですが、ワキガの症状を改善したりするには言いようです。

軽いワキガの症状や一過性のワキガの症状の人にはこの皮下組織吸引法が効果があるかもしれませんが、ワキガの症状が重い人はワキガを完全に治療するというのは難しい治療法のひとつかもしれません。

ワキガの治療の皮下組織吸引法を受ける場合には、ワキガ専門のクリニックや病院で一度自分のワキガの症状を見てもらってからこの方法で治療をするのか決めたほうがいいと思います。

2009年03月08日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの手術, カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報

ワキガにボトックス注射

2009年03月08日

ワキガの治療の方法は色々ありますが、その名かにボトックス注射という治療方法があります。

ワキガというのは、アポクリン汗腺から汗が分泌されてその汗に雑菌が増殖してワキガの臭いの原因になって特有のワキガの臭いを発生させます。

このワキガの時に発生する汗は、脳からの指令によて分泌されているので、興奮したり、緊張すると、この汗が出るようになっています。

ワキガ治療のボトックス注射では、脳の神経を使って、ワキガの治療をします。

神経のボツリヌス菌をボトックス注射によって麻痺させることで、汗を抑える働きをします。

ワキガの治療には他にも、レーザー治療がありますが、レーザー治療をこのワキガの治療であるボトックス注射と組み合わせることで、相乗効果によってワキガを治療することが出来ます。

従来のワキガの治療というのは、手術を行うと、メスを使って切開するということが多かったのですが、このワキガ治療のボトックス注射なら、メスを使うことなくワキガの治療をすることが出来るので、メスでの治療に抵抗があった人もで安心してワキガ治療を受けることが出来るようになりました。

ワキガ治療のボトックス注射はその日のうちにシャワーをしてもいいですし、外科の手術と違って術後のケアも心配なく受けることが出来ます。

2009年03月08日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの治療法, カテゴリー:ワキガ治療情報