ワキガと食べ物:ワキガ治療web

ワキガと食べ物

2009年06月08日

ワキガを改善したいと思っている人はワキガを予防するのに効果があるといわれている食品を食べるようにすることをお勧めします。

そもそもワキガになりやすい食事というのは、脂肪分が多くてタンパク質が多いような食べ物で、たとえば脂っこい揚げ物や肉料理などがワキガになりやすい食べ物ということになりますから、ワキガにならないようにするためにはこれらの食べ物を食べないように出来るだけ抑えることが大切です。

ワキガの原因になっている脂肪を多く含む食べ物というのは、中性脂肪を体の中で増やして、体の中で酸化させて色々な体臭の原因になる物質を発生させますから、細菌を増やすような食べ物を摂取することはできるだけ避けることがワキガ対策になるでしょう。

ワキガ対策としては野菜や海草などをしっかりと摂取するということが大切なことで、ワキガと食べ物や食生活というのは密接に関係していますからワキガを予防したいと思っている人は、ワキガにならないためにも、毎日の食生活の見直しを心がけるようにしてみましょう。

和食中心に昔からの日本食へ変えるだけでもワキガを予防することが可能です。

日本人に昔ワキガが少なくて欧米人に多かったのは食文化の違いもあったのです。

2009年06月08日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの対策, カテゴリー:ワキガ治療情報

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/101

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。