ワキガと和食:ワキガ治療web

ワキガと和食

2009年05月05日

ワキガの治療には実は日本人になじみ深い和食がとても効果があるといわれています。

ワキガを予防するためには、脂っこい食べ物を食べるのを避けて、ワキガを予防したいと思っているのであればビタミンがたくさん入っているような野菜を食べたり、魚、海藻類などを食べるのが一番です。

洋食は肉中心で高カロリーですから和食を中心にして食べるようにすればワキガ予防につお名がります。

また納豆や味噌汁などの大豆を使った製品などはタンパク質が豊富に含まれていますら栄養バランスもよく、ワキガ予防になりますから今までの日本人が口にしてきた和食を中心の食生活に変えることでワキガを十分予防することは可能です。

昔は日本人にワキガは少なかったのに、ここ数年、ワキガが増えている理由には、欧米化した食生活が原因だといわれていますから、日本人のワキガがこれ以上増えないためにも、従来の食生活である和食に戻して健康のためにも、ワキガ予防のためにも和食を食べる習慣をつけることが大切ではないでしょうか。

和食にかえればワキガ予防になるだけでなく成人病の予防にもなりますし、メタボリックシンドローム予防にもなりますから、ワキガ意外にも色々とメリットは多いのです。

2009年05月05日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの対策, カテゴリー:ワキガ治療情報

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/72

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。