ワキガ予防に食生活:ワキガ治療web

ワキガ予防に食生活

2009年04月04日

ワキガというのは日本人よりも外国人に多い体質のようです。

ワキガの症状が外国人に多い理由としては、欧米の二期色中心の食事をしてることがワキガの原因になっているのではないかといわれています。

欧米の食事の特徴は、肉類や乳製品を食べている食生活なのですが、この肉類や乳製品の食生活というのは、アポクリン腺や皮脂腺の働きを活性化させてしまうといわれているので、ワキガになりやすいといわれています。

これらの欧米の食生活の動物性の脂肪の中に含まれている不飽和脂肪酸はアポクリン腺や皮脂腺から出ているのですが、これがワキガの原因となっているあのワキガ特有の臭いを作っているといわれています。

なので、カロリーの高い食事をして肉や乳製品ばかり食べていると心当たりのある人は、一度ワキガの予防のためにも、これらの食事を避けることがワキガの対策になると思います。

ワキガを予防するために最適な食生活は、日本の昔からの和食中心の食生活だといわれています。

欧米の食生活を避けるとともに、汗を出す元になっている塩分や糖分、香辛料もできれば控えるようにして食生活の見直しをすることでワキガの予防改善になると思います。

昔の日本では今ほどワキガに悩む人は少なかったといわれていますが、それは昔は和食中心でカロリーの低い食生活が中心だったからだといわれています。

和食中心の昔ながらの日本食に戻すことで、食生活を見直すことが出来るのではないでしょうか。

タグ

2009年04月04日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの対策, カテゴリー:ワキガ治療情報

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/40

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。