ワキガの仕組み:ワキガ治療web

ワキガの仕組み

2009年10月25日

ワキガの仕組みについてご紹介したいと思います。ワキガの原因になっているのはエクリン汗腺とアポクリン汗腺と呼ばれる二つの種類の汗腺があるのですが、この汗腺のほかにも分泌腺の一種である皮脂線があります。ワキガというのはこの今紹介したような汗腺と分泌腺から出る分泌液や雑菌などが繁殖したことから起きるといわれていますから、ワキガの原因がただの汗だけということではありません。
ワキガの仕組みで直接ワキガに影響を与えているのはアポクリン汗腺であるといわれています。ワキガの仕組みのアポクリン汗腺というのは、ねばねばしていて脂肪や鉄分、アンモニアが主な成分となって発生しています。ワキガの仕組みとしては、汗の成分といわれているものが細菌や雑菌によって分解されることでワキガ特有のあのにおいが出るという仕組みになっています。
ワキガの仕組みについて勉強していくと、ワキガのにおいというのは、もともとは異性に振り向いてもらうためのフェロモンと同じ働きだったという説もありますが、今のワキガの仕組みから考えると異性が逃げて行きそうですね。
ワキガの仕組みはこのような仕組みになっていますが、成人してからワキガになることが多いのですがそれは、アポクリン汗腺がまだ発達していないからだといわれています。

2009年10月25日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガの原因, カテゴリー:ワキガ治療情報

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sidereality.com/mt/mt-tb.cgi/151

コメントを投稿する

※初めて投稿する方は、コメントの表示に管理者の承認が必要となる場合があります。