ワキガ治療web

ワキガと便秘の関係

ワキガの人は、多汗症の人が多いと言われています。汗かきで、人より多く汗がでてしまうのです。 汗がでるのは、水分の取りすぎだと思い、水をあまり飲まなくなります。この状態が、長く続くと便秘になります。便の80パーセントは水分です。水分を取らないと便がカチカチになってしまいます。又、水分の取りすぎと多汗症は、あまり関係ないと言われています。自分の体質と割り切ったほうが良いでしょう。もし、ワキガの多汗症で水分を取らずに便秘になっている人は便秘解消のためにも水分はきっちりと取るようにしましょう。

ワキガ治療

2009年12月15日

ワキガが気になって汗をかくのがこわい、外にでると汗をかくので外に出たくない、室内がちょっと暑くなるとわきの下が気なって仕方がない、近くに人がいるとワキガがばれるんじゃないかとびくびくするなどワキガのせいで常に不安をかかえているあなた。
それならワキガ治療手術をしてみてはいかがですか?
ワキガ治療手術には次のようなものがあります。
・ 剪除法(せんじょほう) 剪除法はワキガ手術として広く知られている手術法です。わきのシワに沿って4~5センチ切開し、皮膚の裏側にあるアポクリン腺を目で確認しながら取り除きます。
この手術は直接目で確認しながら一つ一つアポクリン腺を除去するためワキガに効果的です。
しかしドクターの経験や知識によってその効果が変わってくるので、ドクター選びがとても重要になってきます。
・ 超音波法 超音波法はワキガ治療の最先端手術法として知られています。
わきの下を少し切り開き、超音波発生器を挿入し、ワキガの原因物質を分泌するアポクリン腺を超音波の衝撃で破壊します。
手術時間が短く、術後の回復も早いですが、超音波の熱でやけどを起こす場合があるので手術には注意が必要です。
・ 汗腺切除法 わきの下に沿って皮膚を切り開き、皮膚の裏側にある汗腺を取り除く方法です。
この方法は回復に時間がかかり、傷跡が残ったり皮膚の引きつりなどが見られます。
・ 皮下組織削除法 わきのシワに沿って少し切り開き、ワキガに関係のあるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を取り除く方法です。
この方法は傷跡が目立ったり、皮膚が薄くなったりするというデメリットがあります。
・ 吸引法 吸引法はダイエット手術でよく見られる脂肪吸引法を応用したものです。
わきの下に数ミリの穴を開け、そこに細い管を通してワキガに関係しているアポクリン腺、エクリン腺、皮脂腺を吸い取ります。
この方法は傷跡が残らず、回復も早いというメリットがありますが、汗腺類の一部が残ってしまうというデメリットもあります。
・ 皮下組織掻爬法 わきの下を少し切り開き、そこからスプーンの形をした器具を挿入し、ワキガに関係する汗腺類をかきだします。
この手術法はあまり皮膚を切り開かないため傷跡が目立たないというメリットがありますが、汗腺類をかきだす時に周りの組織を傷つけてしまうことがあります。
その他の手術法にレーザー法、ボトックス注入法などがあります。
ワキガ治療の手術はさまざまな方法があり、それぞれメリットとデメリットがあります。
手術を受ける時はカウンセリングをしっかりと受け、手術内容を把握してから実施しましょう。
また、手術するドクターの経験や知識もワキガ手術の重要なポイントになるので信頼できるドクターに手術をお願いしましょう。

ワキガとは

2009年12月14日

電車に乗っているときに近くの人がわきがで気分が悪くなったことはありませんか? なんか嫌な臭いがするなと思ったら、近くにワキガの人が座っていたということはありませんか? 嫌な臭いを放ち周りの人に不快感を与えるわきが。欧米では日本よりワキガ体質の人が多いといわれています。日本ではワキガ体質の人が少ないため、ワキガの人は受け入れられずに嫌な顔をされることが多いようです。 ワキガとは腋臭症(えきしゅうしょう)ともいわれます。誰でもわきの下から汗が出ます。この汗が細菌により分解されることで臭いを発することになります。この臭いが強く発される場合ワキガと言われます。 ここで少し汗腺についてご説明いたします。 人の汗腺にはエクリン腺、アポクリン腺があります。体中に分布しているエクリン腺からは運動をしたり病気をしたりしたときなどに上がった体温を下げるための汗がでます。エクリン腺の成分のほとんどは水分です。アポクリン腺はわきの下、乳首、陰部、肛門、耳の中や後ろなどに分布しており、ワキガと深い関係があります。アポクリン腺から出される汗には脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、アンモニアなどさまざまな成分が含まれています。このようにアポクリン腺から出される汗にはさまざまな成分が含まれており、これが細菌によって分解されることでワキガの原因となる独特の臭いを発生します。アポクリン腺はワキガの人にだけ存在する汗腺ではありません。アポクリン腺は生まれた時から誰もが持っている汗腺です。ワキガ体質の人はアポクリン腺がワキガでない人と比べると汗腺量が多かったり、活発に働いたりしています。アポクリン腺は思春期ごろから発達するといわれています。 ワキガの原因となるアポクリン腺の数や大きさは遺伝すると言われています。ワキガ体質は遺伝しやすく、両親がワキガの場合かなりの確率でワキガが遺伝するようです。片親がワキガの場合も両親の場合ほどではありませんがワキガが遺伝する可能性があるそうです。 ワキガは遺伝が原因で起きるものばかりではありません。その他、多汗症、食生活、ストレスなどさまざまなことがワキガの原因となります。 ワキガで悩んでいる人の中には実は他人は臭いを感じていないのに、自分でワキガだと思いこんでいる自己臭症の人もいます。ワキガで悩んでいるのなら1人で悩まず、一度病院やクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか?

日常生活におけるワキガ対策

2009年12月08日

わきの臭いが気になって腕をあげることができない、人と近づくのが怖いと悩んでいるあなた。ワキガ対策をしてわきがを減らしましょう。

ワキガの治療には手術が必要な場合もありますが手術は怖いと思っている人もいるでしょう。

それなら手術を考える前に自分でできる対策で臭いを抑えるようにしてみてはいかがでしょうか。

日常生活の中でできるワキガ対策をここでご紹介します。

・入浴やシャワーで体を清潔に保ちましょう。 汗が細菌に分解されることで発生するワキガは毎日入浴して体を清潔に保つことで臭いを減らすことができます。汗をたくさんかいた時はシャワーを浴びるようにしましょう。シャワーを浴びることができない時はきちんと拭き取るようにしましょう。

・ 汗を吸収する服を選びましょう。 汗を吸収しない服を身につけると肌表面の菌が増え、においの原因となります。肌に直接触れる服は汗をきちんと吸収するもの、通気性のいいものを選びましょう。可能であれば汗を吸収した服はこまめに交換しましょう。

・ わきの下を清潔にしましょう。 わきの下は蒸れやすく菌が増殖しやすいため不潔するとワキガの原因となります。わき毛はその蒸れをひどくしたり、菌を増やす原因となります。わき毛の処理をきちんとすることでワキガを減少させることができます。女性は剃ったり脱毛することでわき毛をなくしわきの下を清潔に保つといいでしょう。剃ったり脱毛したりすることに抵抗がある男性は短めにカットするようにするといいでしょう。

・ 食生活の見直し 欧米人は日本人に比べるとワキガや体臭が多くみられます。この理由の一つに欧米人の肉類中心の食生活があります。動物性脂肪の多い肉類を多く食べるとアポクリン腺からだされる汗に脂肪酸が多くなります。脂肪酸は酸化されると過酸化脂肪となり、ワキガの原因となります。肉類の取り過ぎに注意しましょう。

・ 水分補給をしましょう。 水分を取ると汗が出るため、ワキガがひどくなると思っている人は多いのではないでしょうか。しかし、それは間違いです。水分をきちんととらないことで汗が出たときに汗の成分が濃くなりにおいが強くなる原因となります。水分補給はしっかりするようにしましょう。

・ 制汗剤、消臭剤、殺菌剤などを使いましょう。 制汗剤は汗を抑制してくれるためワキガの原因となる汗を抑えにおいを軽減してくれます。また、消臭剤はワキガのにおいを一時的ですが消臭してくれます。殺菌剤は汗を分解してにおいを発生する菌を殺してくれるためワキガの予防となります。

日常生活の見直し、食生活の見直しをし、ワキガの予防をしましょう。

ワキガクリニックの選び方

2009年12月03日

ワキガに悩みいろいろ試したけれど効果がなく、意を決してワキガ手術をしたのにあまり効果がなかったなんてことになったら悲しいですよね。

ワキガ手術はワキガに関係があるアポクリン腺やエクリン腺、皮脂腺を取り除く方法が多く見られます。

そのためどれだけしっかりとこれらの汗腺類を除去できるかがワキガ解消の大きなポイントとなります。

そしてどれだけ除去できるかは同じ手術であってもドクターによって違ってきます。

ワキガ手術の後に笑顔になれるように、クリニックやドクター選びは慎重に行いましょう。

ここでクリニック選びのポイントをご紹介します。 ・ 認定医療機関のクリニックですか?

・ カウンセリングを親身になってしっかり行ってくれますか?

カウンセリングはドクターと患者の間に信頼関係を築き、患者にとって一番いい治療法を見つけるための大切な時間です。

クリニックによってはカウンセリングをきちんとせずに手術をすすめるところがあります。

あなたのワキガの悩みに親身になって丁寧にカウンセリングを行ってくれるクリニックを選びましょう。

・ 手術費や治療費はクリアにされていますか?

ワキガの手術費や治療費はクリニックによってさまざまです。

手術前に手術代だけでなくアフターケアを含んだ金額をきちんと確認しておくことが大切です。

手術後に法外な金額を請求する悪質なクリニックがあるので注意しましょう。

・ 手術後のケアはしっかりしていますか? 手術が終ったら治療が終了というわけではありません。

手術後は回復状況が気になったり、心に不安が残ったりするものです。手術後も親身になってケアをしっかりしてくれるクリニックを選びましょう。

またアフターケアとして法外な金額を請求するところがあるので、アフターケア代もしっかりと確認しておきましょう。

次にドクター選びのポイントをご紹介します。

・ ドクターは信頼できる人ですか?

話しをきちんと聞かずにすぐに手術をすすめるドクターは要注意です。じっくりと親身になって話しを聞いてくれて、説明をしっかりしてくれるドクターを選びましょう。

・ ドクターは手術経験が豊富ですか?

ワキガの手術はさまざまな方法があります。そしてワキガ手術はドクターの腕によって結果が変わってきます。

担当のドクターは経験が豊富か、また自分が希望するわきがの手術法に精通しているかなどしっかりと確認するようにしましょう。

その他にスタッフの対応はいいか、クリニックは清潔か、設備は整っているかなどもチェックしておくといいでしょう。

ワキガを治したい気持ちはよくわかりますが焦ってワキガ手術をする前に、手術内容やメリット、デメリット、手術代などしっかりと確認してから手術をするようにしましょう。

まずはクリニックでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。カウンセリングを受けたからといって手術をしなければならないわけではありません。

いくつかのクリニックでカウンセリングを受け、あなたにあったところを選びましょう。

ワキガ治療のカウンセリング

2009年11月29日

ワキガは命に関わる病気ではありませんが、ワキガになっている人にとっては深刻な悩みです。

ワキガのせいで満員電車が怖くなったり、観覧車などの密閉された空間が怖かったり、汗をかくのが怖かったり、人に近づくのが怖くなる人が多く見られます。

ワキガは日常の中において不安や恐怖をもたらし、ストレスの原因となります。

ワキガで悩んでいても人に相談できずに1人で抱えている人が多くいます。

ワキガに悩んでいるのならまずはクリニックに行ってカウンセリングを受けてみてはいかがですか?

カウンセリングでは次のようなことを質問されます。

・ ストレスを強く感じていますか? ・ お酒を飲みますか?
・ タバコを吸いますか? ・ 肉類や脂っこいものが好きですか?
・ 人からにおいを指摘されたことがありますか?
・ 自分で自分がにおうと思うことがありますか?
・ わきの下に汗をたくさんかきますか?
・ 耳の中は湿っていますか?
・ 下着が黄ばんだり服のわきの部分が黄ばむことはありますか?
・ 家族にワキガや多汗症の人がいますか?
・ 毛深いですか?
・ 脂性で顔やおでこがテカテカしますか?
・ 靴や靴下はにおいますか?
食生活や家族のワキガ状況、汗の量や黄ばみなどはワキガに深く関わっています。

カウンセリング時はドクターがこれらの質問をして患者さんのワキガの状況を確認していきます。

そしてどんなワキガ治療が必要か、またワキガ手術は必要かなど話し合っていきます。

カウンセリング時に手術をすすめられたからといってすぐに手術をしなければいけないわけではありません。

納得していないのにドクターに勧められたからといって慌てて手術を受けたりしないようにしましょう。

ドクターというだけですっかり信頼してしまう人もいますが、それは危険です。

特にカウンセリングをしっかりせずにすぐに手術をすすめるドクターには気をつけましょう。

カウンセリングを受けていて何かひっかかることや、不信に感じることがある場合は慌てて手術をせずに、他のクリニックで再度カウンセリングを受けることをおすすめします。

また、カウンセリング時にわからないことや知りたいことがある場合はためらわずに質問し、疑問に思うことをクリアにしましょう。

その他、治療や手術内容、手術のメリットやデメリットなど詳しく話しを聞くようにしましょう。

また治療費や手術費、その他アフターケアの内容や費用などもしっかりと確認しましょう。

後で法外な金額を請求する悪質なクリニックがあります。

治療・手術費、アフターケアの費用、その他かかる費用についてあらかじめ確認しておきましょう。

ワキガ手術の流れと手術前後の注意点

2009年11月25日

ワキガが原因で人と上手く付き合えなかったり、人が大勢集まる場所に行くことが怖かったり、腕を上げることができずに悩んでいるあなた、まずはクリニックでカウンセリングを受けてみてはいかがですか?

ワキガを治すためにクリニックに行きたいけれど、診察や手術の流れなどがわからなくて不安という方もいるでしょう。

ここでワキガの手術についての簡単な流れをご紹介したいと思います。

電話やメールでクリニックに問い合わせをし予約する

診察とカウンセリング カウンセリングはあなたのワキガの状況や悩みをドクターに相談する大切な時間です。

また、そのドクターやクリニックが安心して手術を任せることができるか確認する時間でもあります。

わからないことは質問して疑問点をクリアにしましょう。

香水やにおいのある整髪剤はつけないで行きましょう。

ワキガ手術の予約 カウンセリングをして手術の内容や疑問点、費用などがクリアになり、手術を受けることを決めたなら手術日程を決めましょう。

ワキガの手術日 麻酔をして手術をします。

アフターケア 消毒や抜糸などを行ったり、術後の経過を確認します。 クリニックによっては術後につっぱった部分のマッサージなどを行っています。

手術を行うクリニックや手術法によって内容が違ってくるので、実際に手術を受ける人はクリニックに直接確認するようにしましょう。

たいていの場合は希望すればワキガ手術を受けることができますが、病気や妊娠などでワキガ手術を受けることができない場合もあります。

次のケースに当てはまる人はワキガ手術を受けることができない可能性があります。まずはドクターに相談しましょう。

糖尿病の方 ・ 心臓病の方 ・ 高血圧の方 ・ 妊娠中の方 ・ アレルギー体質の方 ・ 薬を服用している方 次に手術前と手術後の注意点をご紹介します。

手術前の注意点 ・ 手術前日はアルコールを控えましょう 。

手術をすると数日間入浴できないので、入浴し体を清潔にしておきましょう。

(手術後に入浴ができないかどうかは手術方法によります。) 手術後の注意点 ・ 運動などはせずに安静にしましょう。

わきの下はなるべく動かさないようにしましょう。

ワキガ の手術を検討しているのなら、まずはカウンセリングを受けにクリニックに行ってみるといいでしょう。

行ったクリニックがあまり合わないようでしたら慌てて決めずに他のクリニックに行ってカウンセリングを受けるといいでしょう。

あなたに合ったワキガ治療・手術法を見つけて、あなたのワキガを解消しましょう。

ワキガ対策グッツ

2009年11月22日

ワキガになると内向的な性格になり、引きこもりがちになる人が多くみられます。

本当はみんなと仲良くなりたいのにワキガがにおうのではないかと気になって人と接することができなかったり、思いっきりスポーツをしたいのに汗をかくとワキガが強くなるのではないかと心配になってスポーツや汗をかくことを避けたりしている人は多いでしょう。

ストレスや内向的な性格の原因ともなるワキガ。ワキガ対策グッズを使ってワキガを軽減しましょう。 ワキガ対策グッズには次のようなものがあります。

オドレミン(液状デオドラント) オドレミンは汗を抑える作用のある塩化アルミニウムを配合することで、汗を抑え、においを防ぐ効果があります。オドレミンはわきの下に塗るとさっと乾き、汗や汗臭を防ぎます。

テノール液(液状デオドラント) テノール液は汗を抑える作用のあるアルミニウム配合液により、汗を抑え、においを防ぐ効果があります。またさわやかな香りをつけることでさらににおいを抑える効果があります。テノール液をわきの下に塗るとさっと乾き、汗や汗臭を防ぎます。

メンソレータムリフレアデオドラントクリーム(クリーム状デオドラント) ワキガの原因となる菌を殺菌し、嫌なにおいを抑えるクリーム状デオドラントです。汗に強いクリームなので効果が長持ちします。

また、清涼化剤配合なのでつけ心地がさわやかです。メンソレータムリフレアはクリーム状の他にリキッドタイプも販売されています。

特性エキシウクリーム(デオドラントクリーム) 汗を抑える成分を配合し、ワキガを抑える薬用デオドラントクリームです。スプレータイプも販売されています。

スメルメディカ(デオドラントパウダー) 塩酸クロルヘキシジンが配合され菌の増殖を抑え嫌な臭いを抑えます。パウダー状なのでつけた後も肌がべたつきません。

ミョウバン石鹸、ミョウバンスプレー 菌の繁殖を抑える効果や汗を抑える効果があり、汗防止やワキガ防止に使われています。

汗わきパッド わきの下に汗わきパッドをつけることで汗を吸収し、ワキガを防ぎます。またわきの下の黄ばみも防いでくれます。汗わきパッドには何度も洗って使えるものと、使い捨てのものがあります。

この他、ワキガ防止のグッズにはさまざまなものがあります。 使用上の注意をよく読んであなたにあったグッズをみつけ、ワキガ対策をしましょう。

すそわきが3

2009年11月18日

ワキガで悩んでいてもなかなか人には相談できないという人は多いでしょう。

ワキガは欧米ではよくみられますが、日本では欧米ほど多くみられません。

そのためワキガの人はワキガであることを人に言えず悩んだり、ワキガであることを隠そうとしてストレスがたまったり、人と接することが怖くなり内向的な性格になったり、外出を避けたりすることが多く見られます。

ワキガの中でもわきの下ではなく股間部に見られるすそわきがは特に場所が場所なだけに誰にも相談できずに1人で思い悩んでいる人がいます。

すそわきがという言葉もあまり馴染みはないので耳にしたことがなかった人も多いのではないでしょうか。

すそわきがは股間部がにおうものです。 なぜ股間部が?と思う人もいるでしょう。

それはワキガと深い関係のある汗腺として知られているアポクリン腺が股間部にも存在するからなのです。

アポクリン腺から分泌される汗には脂肪、たんぱく質、糖質、鉄分、色素、アンモニアなどの成分が含まれており、アポクリン腺から出されるそれらの成分が細菌によって分解されることによってワキガ特有の臭いを発生します。

股間部にはアポクリン腺が存在するため、股間部でわきが同様のにおいを発する人がいても不思議ではないのです。

しかし、すそわきがになる人が少なく、またあまり人に言えない場所なだけにワキガほどよく知られていません。

すそわきがだと悩んでいるあなた。 あなたのすそわきがは本当にすそわきがですか?

すそわきがで悩んでクリニックに訪れる人の中にはすそわきがではなく、自分でにおうと思いこんでいる人や膣の内部のにおいを気にしている人、通常の汗のにおいなどを気にしている人などがいます。

もし、すそわきがで悩んでいるのなら、一度クリニックに相談しに行くといいでしょう。

もしかしたらあなたがすそわきがだと思っているものはすそわきがではないかもしれませんよ。

また、もし、すそわきがであってもわきが同様にクリニックですそわきがの治療を行っているところがたくさんあるので相談するといいでしょう。

すそわきがの治療には吸引法、電気凝固法などがあります。また、股間部はわきと比較すると汗腺が少ないためボトックス注射でもにおいを大幅に減少させることができると言われています。

すそわきがかもしれないと1人で悩まずに、まずはクリニックに相談にいってみてはいかがでしょうか。

そして専門化の意見を聞き診断してもらい、その上で今後のすそわきが対策を考えましょう。

2009年11月18日|コメント (0)トラックバック (0)

カテゴリー:ワキガ情報

わきがと汗腺機能

2009年11月16日

あなたは汗をかいていますか? わきがが気になって汗をかくことを避けていませんか?

わきがは汗腺の機能が低下していることが原因で起こる場合もあります。

夏場でもクーラーのよくきいた部屋やお店などにいることが多いため汗をかく機能が弱まり汗が出にくくなっている人がいます。

また運動不足により汗が出にくくなっている人もいます。

汗腺の機能が低下すると、汗をかいた時に濃度の濃い汗をかくことになり汗がにおい、わきがのもととなります。

濃度の濃い汗をかいてわきがを出さないようにするためには、入浴したり適度な運動をしたりして汗をきちんとかくことが大切です。

入浴 時間がないから、面倒だからという理由でお風呂に入らずにシャワーですませてしまう人が増えています。

シャワーでは体が温まらないため汗をかきません。

シャワーだけの生活を続けてしまうと汗腺の機能が低下し、わきがの原因となることがあります。

お風呂にのんびりと浸かり汗をかくようにしましょう。

入浴は汗腺機能を高めるだけでなく、リラックス効果もあるのでストレスを解消することもできます。

高温浴 浴槽に熱めのお湯(43℃くらい)をはります。

お湯は少なめに張りましょう。お湯は熱すぎてヤケドをしないように温度設定に気をつけましょう。

両手のヒジから下と両足のヒザから下を10~15分くらいお湯につけて温めましょう。

イスを浴槽に入れて座り、前屈みになると上手く手足を湯船につけることができます。

高温浴をすることで汗腺の機能を促進し汗が出るためわきがのにおいを軽減することが期待できます。

半身浴 胸から下が隠れるくらいの高さにお湯をはり、温度は38℃くらいに設定します。

このお湯に20分~30分くらい入ることで、血行が良くなり、汗腺が刺激され汗がでるのでわきがのにおいを軽減することが期待できます。

半身浴は代謝を良くし、筋肉疲労やストレス解消などにもいいといわれています。

半身浴をしている間上半身が寒い人は乾いたタオルなどを羽織るといいでしょう。

適度な運動 わきがの人はわきがが気になって運動を避けがちです。

運動を避けることで汗がかき難くなり、汗の濃度が濃くなってしまいます。

そのため汗をかいた時ににおいが強くネバネバした汗が出てしまうことがあります。

わきが防止のために運動をさけたのに、これでは逆効果ですよね。

運動を避けずに適度な運動を心がけ、汗腺機能を正常に保ち、汗の濃度が濃くならないようにしましょう。

また、汗をかくからといって水分摂取量を減らさずきちんと水分補給をすることも大切です。

わきが防止のため汗をしっかりかいて、汗の濃度が濃くなったり汗腺に角質や老廃物がたまってわきがにならないように注意しましょう。

タグ

わきがのセルフチェック

2009年11月11日

わきがで悩んでいる人の中には、自分で自分はわきがだと思いこんでいて実際にはわきががではない人がいます。

この思いこみが強くなったものを自己臭症といいます。自己臭症は、自己臭恐怖症、体臭恐怖症ともいわれます。

自己臭症がひどくなると人に会うことが怖くなったり、外に出るのが怖くなって引きこもりになることがあります。 自己臭症になりやすい人には体臭について誰かに指摘されたことがある人、潔癖症の人、完璧主義の人、神経質な人、几帳面な人などがあげられます。

わきがは人に相談しにくいため、自己臭症の人は自分はにおうと思うとそのまま思い込んでしまいわきがではないのにわきがだと自己判断してしまい思い悩んでしまうようです。

わきがで悩んでいたら一人で悩まずクリニックに相談しに行くようにしましょう。

クリニックに相談しに行くのをためらっているのなら、わきがのセルフチェックをしてみてはいかがですか?

わきがのセルフチェック項目には次のようなものがあります。
・ 自分で自分のわきの下の臭いを感じる ・ 誰かににおいを指摘されたことがある
・ 家族にわきがや多汗症の人がいる ・ 下着やわきの下が黄ばむ
・ わきの下に汗をたくさんかく ・ 耳の中が湿っている ・ おでこや鼻の頭が脂でテカテカする
・ 毛深い ・ お酒が好き ・ たばこをよく吸う ・ 肉類や乳製品をよく食べる
・ ストレスをよく感じる ・ 靴や靴下がにおう あなたはいくつあてはまりましたか?

たくさんの項目に当てはまるようでしたら一度クリニックでカウンセリングを受けてみるといいでしょう。

また、あまり当てはまる項目がない人でもどうしてもわきがが気になるのなら一度クリニックに相談に行くといいでしょう。

クリニックによってはメールで無料カウンセリングを受けているところもあるのでクリニックに行くのは抵抗があるという人はメールで相談してみるといいでしょう。

わきがに悩んでストレスをためたり、人と遠ざかってしまったりしてはもったいないです。

悩んでいる人はクリニックでわきがであるかどうか診察してもらい、わきがでない場合は両手をあげて喜びましょう。

もしわきがでも、治療法はたくさんあります。何もしないで家に引きこもったり、1人で悩んでいては体にも良くありません。

それでは毎日がつまらないものになってしまいます。

わきがを克服すれば、あなたの内向的な性格はきっと変わるでしょう。

また、人と接することへの恐怖も少なくなるはずです。

さぁ、わきがを克服してあなたの毎日を素敵な毎日に変えましょう。